ブランド戦略&ブランディング参考サイト

ブランド戦略とはなにか

ブランド戦略とは、人々に企業の特徴を強く植え付け、揺るがない存在としてあるものです。

 

オリジナルのこだわりや価値を提供することで広く浸透した企業イメージが、「ブランド」として認識されていきます。

 

特徴的な商品やロゴが広まると、見た途端に企業を思い浮かべるようになりますね。

 

これが意識下での戦略です。

 

知名度が上がるとそのブランドに対してこだわる人も出てきますので、信頼を与えたことになるのです。

 

また、話題に上がることで多くの人が企業に触れ、その特徴を知ることで絶対的な信頼へと変わります。

 

すると、人はブランド名だけでも商品を購入するようになるのです。

 

まさに戦略成功の瞬間と言えるでしょう。

 

 

 

ブランドとして世の中に広めることは楽ではありません。

 

他には真似できない価値観と、大きな特徴を持たせなければ意味がないからです。

 

特に中小企業がブランド構築をするには確かなロジックとロードマップが必要です。いきなりブランドを手に入れることは不可能なので、まずはデザインや簡単な戦略から始めることをおすすめします。特にデザインについては手軽に始めることができ、また最近はクラウドソーシングを活用したデザイン提案をしてくれる会社も増えています。
例えばパンフレット作成のノウハウサイト見ながらブランド構築をはじめるといいでしょう。

 

卑近な例ですが、新潟から東京に進出した新宿のAGA治療、薄毛治療クリニックは新潟でこそ強みを発揮していましたが、新宿では強豪に負けていました。
しかしWebをはじめとするタッチポイントのデザインを整理するだけで売上を伸ばしていきました。

 

さて、ブランディングですが物があふれる現代では他と違うものが限定されますので、1から作り上げる必要があります。

 

まして、特徴や名前も馴染みがなければ忘れられがちです。

 

立ち上げてから浸透させるまでに時間のかかるブランド。

 

しかし、一度広がりはじめると爆発的な利益を生み出し、確固たる地位へ上るものでもあります。

 

一旦成功すると長期間にわたって愛されるので、人気が落ちることも少ないものです。

 

企業としてのこだわりをブレずに持ち、人々に価値を提供するのがブランドの使命です。

 

このブランド力で広まった企業は、どんな作戦で立ち上げたのでしょうか。